2020年1月27日月曜日

低温調理レッスン続編の試作

低温調理レッスの試作。

大分進みまして、そろそろメニュー決定できそうです。
3月開催の予定です。

スペアリブバーベキューソース。
直火で火を入れた仕上がりとは違う、低温調理独特の食感。


付け合わせはバーベキューソースとも合うフライドポテトがよさそう。

鴨の焼き漬け


黒コショウ焼き


鴨はロゼ色に焼き上げるお肉。
弾力などで火の入り具合を確認するため、感覚をつかむのがなかなか難しいのですが、
低温調理で加熱すればベストな火通りを実現できます。

おつまみにいい。

2020年1月24日金曜日

おもてなしレッスン③

■日程
2/25(火) 12:00~14:30 あと1席
2/26(水) 12:00~14:30
2/27(木) 12:00~14:30
※各日4名
※2名に満たない場合、開催ができなくなる可能性があります。
※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。
※上記日程以外でもご相談可能です。ご希望ございましたらtoiawase.lasaveur@gmail.comまでご連絡ください。

■授業料
6,000円(税込)

■メニュー 
※仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

前菜    干しタラのブランダード
南フランスの郷土料理。
フランスはじめ、イタリア、スペインなどで足の速いタラを塩漬けする保存法が昔からあり、このブランダードはそのタラを使って作る代表的な料理の1つです。


メイン   カジキマグロの紙包み焼き
紙包み焼きは、蒸し焼きにすることでしっとり仕上がった食材、開いた時にあふれ出す香りが印象的な料理。
素材の旨味が凝縮されたトマトソースと一緒にいただきます。



パスタ 生ソーセージのトマトソースペンネ
生ソーセージときのこの旨味をトマトソースに移し、ペンネに吸わせて仕上げます。
かみしめるとパスタとソースの旨味が一体になって広がります。


<2月のレッスンのご案内>

■日程 
2/18(火)12:00~15:00 満席になりました
2/19(水)12:00~15:00
2/20(木)12:00~15:00
※各日4名
※お申込み人数が2名に満たない 場合、教室開催を中止する場合がございます。
※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。

■授業料
6,000円(税込)

■メニュー ※仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

前菜:リヨン風サラダ Salade Lyonnaise


フランスでよく名前が上がるサラダと言えば、ニース風サラダとこのリヨン風サラダ。
ニース風は、トマト、きゅうり、ピーマン、オリーブなど南仏特産の野菜を彩りよく、ふんだんに盛り込んだ、ニースの伝統的なサラダです。
リヨン風は、一般的にポーチドエッグ、ベーコン、鶏肝、クルトンなどが入っている食べこたえのあるサラダ。食べる時にはポーチドエッグをつぶし、しっかり混ぜていただきます。今回はクロタン・シャヴィニョルという山羊チーズのトーストを添えてご紹介します。

メイン:豚肉の煮込みフランドル風 Carbonade flamande


ベルギー発祥の黒ビールを使ったお料理で、国境を接するフランス最北端に位置するフランドル地方でも親しまれている田舎料理です。
「Carbonade(カルボナード)」は「Carbon(カーボン・炭)」に由来しており、仕上がりの黒さが『炭』のように濃いのが特徴です。
ビールの原料のホップが持つ独特の苦味を和らげるため、この地方で採れるビーツから作られる未精製の砂糖・カソナードと玉ねぎの甘みを加え、甘さと苦みのバランスのとれた味わいに仕上げます。

デザート:いちごのスープ バニラアイス添え soupe de fraises avec glace a la vanille


今回はちょっと変わったイチゴを使ったデザートのご紹介。
いちごを赤ワインで煮て、冷製のスープ仕立てに。
バニラ風味のアイスクリームを添えていただきます。

パン
ワイン
食後のお飲み物