2014年3月27日木曜日

Staubで無水肉じゃが





























カレーに続いて、今回は無水肉じゃが。

これまで肉じゃがにはだしと調味料を入れていたのですが、
今回はだまされたと思って、水分を調味料のみで作ってみました。

その上手順もほんとにシンプル、というかないに等しいほど簡単。

ラードないしはサラダ油を熱して玉ねぎを軽く炒める。
その上にじゃがいも、にんじん、白滝、肉を重ねる。




その上から調味料をかけて蓋をする。
はじめ中火で沸騰したた弱火にし、30~40分煮る。
途中全体を混ぜて均一に味が入るようにする。

以上!

はっきり言って混ぜただけ。

なんですが、玉ねぎから水分が程よく出てきていて、
これがちょうどいい水分。

じゃがいももほっこりしていて、
素材の火入れ加減もばっちりでした。

これはほんとにおすすめです!

2014年3月25日火曜日

Staubでカレー























今週はStaubでカレーを試作。

水分はヨーグルトのみというレシピで、
ここでも素材の持っている水分が活躍です。

玉ねぎをやや大目に使い、
鍋でじっくりあめ色になるまで炒めていきます。

この玉ねぎを炒めるのも鍋の中でOK。
中火でも比較的こびりつかず、焦げ付かず、
手早くあめ色玉ねぎを作れます。

そこに出汁の出る鶏手羽、ヨーグルト、カレー粉などスパイスを加え、
蓋をして煮込むというなんともシンプルな手順。

気密性が高く圧力が高くなるので、
長時間にるまでもなく、肉がほろっと柔らかくなります。

やや濃度のある仕上がりなので、
お米ももちろん合いますが、ナンでいただくのもおすすめですね。

実はStaubでナンが焼けることを知ったので、
チャレンジしたいと思ってます、お楽しみに!

2014年3月17日月曜日

<4月のレッスンのご案内>

牛肉の赤ワイン煮 Boeuf Bourguignon

























■日程
4/6(日)
4/19(土)→残2
4/20(日)→満席
4/29(火)→満席

■時間 13:30~17:00
*終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。

■授業料 5000円

■MENU
 前菜・Entree
Beurre d'escargot(エスカルゴバター)
フランスでは、beurre compose(ブールコンポゼ)といわれる、バターに様々な食材を混ぜた合わせバターというものがあります。
今回はその中の1つ、ブルゴーニュ地方で主にエスカルゴ料理に用いられる『Beurre d'escargot(エスカルゴバター)
をご紹介します。
パンに塗って焼くのはもちろん、焼いた肉や魚の上に乗せて溶かしソース代わりに、
ソテーした食材の仕上げに加えて香りづけしたり、様々に使える万能調味料です!


ほたてときのこのエスカルゴバター焼き

メイン・Plat
Boeuf bourguignon(牛肉の赤ワイン煮)
フランス料理で1、2を争うポピュラーな料理といえば、やっぱりこの牛肉の赤ワイン煮!
この料理は煮込み料理の基本になりますので、ぜひ覚えていただきたい1品です。

付け合せにはヌイユ(手打ちパスタ)を作ります。


牛肉の赤ワイン煮 Boeuf Bourguignon





















デザート・Dessert
Madelaine(マドレーヌ
ホタテ貝の形が特徴的な、フランスロレーヌ地方コメルシーという町の名物。
プレーンと、チョコレートの入ったもの2種類をご紹介します。


■持ち物
『授業について Nos cours』
http://lasaveur1213.blogspot.jp/p/nos-cours.html を参照ください。

■ご予約について
『申し込み方法 Inscription』
http://lasaveur1213.blogspot.jp/p/inscription.html を参照ください。

2014年3月2日日曜日

かましま水産さんの牡蠣

  
ちょっと前ですが、生徒さんから兵庫県赤穂の牡蠣をいただいたきました。
どうやって食べようかな、思いましたが、
牡蠣あけをする気力がなくとりあえず焼いてみることに。

あけたての写真をとりわすれてしまって、
臨場感をお伝えできないのですが、
下のパスタの写真の牡蠣をみてください!!




























とってもむっちりしている身がぱんぱんにはいっていました~≧▽≦
こんな牡蠣初めて見たかも・・・・。

焼き牡蠣もおいしかったですが、
牡蠣エキスをベースにしたクリームソースのパスタも、
パスタが牡蠣の旨味を吸い込んで絶品♪

今回の牡蠣は、こちらから注文することができます~。

かましま水産
http://www.sakosikaki.jp/shop/

staub社の鍋をお借りして、お仕事の試作♪

今度させていただくお仕事につかう、フランスstaub社の鍋が到着。
かわいい♪

初めて使うのでどんな使い心地がどきどき。
当日の試作も兼ねて早速使わせていただきました。




























今日試作した料理はこちら。




























「たらとあさりの蒸し煮 春キャベツ添え」

これは料理と言えるのか??というくらい、
単純シンプルな手順。鍋にキャベツ、あさり、たらを重ねて火にかけただけで、
火入れも味もなんでこんなに絶妙なのか。ストーブ恐るべし。




























「白米」

定番のお鍋でごはんですが、
ストーブの蒸気を逃がさない特性をどう水加減に反映させるかが難しい。
特性のおかげでストライクゾーンは広いと思うけど、炊き分けをできるようになりたいなー。





























「ローストビーフ(丼)」

鍋で作っている時点で”ロースト”ではないのですがw
直火でありながら、オーブンのような全方位からの均一な火入れができることが
ストーブのすごさだということが実感できる。
これはストーブを購入したら一度作ってもらいたい1品。

と遊んでいたらおそろしい量の食事が・・・・。

ああ、どうしようw

2014年3月1日土曜日

クレープのグラタンのクレープをデザートに♪

 
























先月のメイン、クレープのグラタンで余ったクレープを、
今月のデザートで作るバニラアイスと合わせてデザートに♪
(ああ、自分の影がかかってしまいました><)

ソースはこれまた先月のデザート、
ガロパンの付け合せ、リンゴのキャラメリゼでご紹介したキャラメルに、
生クリームを足して作ったキャラメルソースで。

1つのものを覚えたら、できる料理の数が2倍にも3倍にもなる、
そんなご提案をもっとしていきたいと思います~。

アイスを作るときに使っているのは、貝印さんのアイスクリームメーカー。
お値段リーズナブルですが、500mlくらいは一度に作れる大容量。

使う前に本体を冷凍庫にいれて凍らせるため、
一時的にスペースを少し取ってしまいますが、
手作りアイスクリームのおいしさのためなら当然の代償w

できたてのなめらかさがたまらない><