2016年10月8日土曜日

ストウブ ラウンド22㎝で作る、鶏のてりやき ネギ添え























3日目のメニューから、鶏のてりやき ネギ添え

ストウブで鶏肉を焼くのが大好き♪

蓋をして皮目から火を入れると、
鍋にこもった蒸気のおかげで、身がしっとりジューシーに仕上がり、
さらに蓋が持つ熱のおかげで、
面を返さなくても身に火が入るので、焼くのは皮目だけで十分。

開いているところで付け合わせを焼けば、
野菜に鶏肉の旨みが染み込んで一石二鳥。

<材料>
鶏もも肉 1枚
ネギ 1本

A
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
みりん 大さじ1/2

<作り方>
①鍋を中火で熱し、サラダ油を広げたら鶏肉を皮目を下にしておく。空いているところにねぎを並べる。
②蓋をして身の部分が中心まで白くなるまで火を入れる。
*時々鍋をゆすってネギの面を変える。
③鶏肉とネギに火が入ったら、キッチンペーパーで余分な油を取る。
*油を取らないとてりやきの煮汁が絡みにくい。
④Aを加えて煮絡める。

2016年10月7日金曜日

ストウブ ラウンド22㎝で、鶏と蓮根の酢煮

2日目のメニューから、鶏手羽と蓮根の酢煮


<材料>

鶏手羽 8本
しょうゆ 大さじ1
サラダ油 適量

蓮根 適量

A
水 カップ1
穀物酢 カップ1/4~お好み
砂糖、しょうゆ、みりん 各大さじ1

<作り方>
①鶏手羽はしょうゆ大さじ1をなじませておく。
②鍋を中火で熱し、サラダ油を広げたら①を皮目から焼く。
③余分な油を取ったらAを加え、沸騰したら弱火にして蓋をし15分ほど煮る。

蓮根
①皮を剥き、5㎜厚さの輪切りし水にさらしてから水気をしっかり切る。
②鍋を中火で熱し、サラダ油を広げたら①を並べ蓋をして蒸し焼きにする。
*蓮根は別添えでも、煮あがった鶏手羽の鍋に加えて味を含ませてもよい。

2016年10月6日木曜日

ストウブ ラウンド22㎝で作る、出汁いらずの肉じゃが






















1日目のメニュー、出汁いらずの肉じゃが。
ストウブの特徴を活かしたお料理の1つです。



<材料>
牛小間切れ 150g
じゃがいも 3個
人参 1/2本
玉ねぎ 1個~1個半
*野菜の分量はお好みで、玉ねぎは水分のベースになるので、比較的多めに入れてください。

A
酒 大さじ3
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ1
しょうゆ 大さじ3

<作り方>
①玉ねぎはくし切り、じゃがいもは皮を剥き適当な大きさに切る。にんじんは皮を剥き、
じゃがいもよりやや小さめの乱切りにしておく。
②鍋に玉ねぎ、じゃがいも、にんじんの順で重ね、Aをもみこんだ牛肉を載せる。
調味料が余れば、半分ほどくわえる。
③鍋を中火にかけ、沸騰してきたら蓋をして弱火にし15~20分ほど火を入れる。
④野菜が柔らかくなったら全体を混ぜ、火を切り味をなじませる。
*火を切ってからの余熱で、味を染み込ませていきます。

2016年10月5日水曜日

ストウブ WANABEで作る、鶏肉ときのこのホイル焼き















1日目の献立の1品です。


<材料(2人分)>
*WANABE24㎝でちょうど2人分の包みがぴったり入ります。

鶏肉  1枚
塩、こしょう 適量

きのこ 適量
*エリンギ、しめじ、まいたけ、エノキなどを手で割いておく。

A
みそ 200g
砂糖 1/3カップ
卵黄 1個
酒  大さじ1
*混ぜ合わせて少しおき、砂糖を溶かしておく。

<作り方>
①鶏肉は縦半分に切り、塩・こしょうをする。しばらく置いて水気を切る。
②WANABEを中火で熱し油を加えたら、鶏肉を皮目から蓋をして焼く。
③皮目にきれいな焼き色がついたら取り出す。
*この時点で完全に火を入れる必要はない。
④アルミホイルを30㎝程度に切り、Aの味噌を塗る。
⑤③の鶏肉を置き、皮目にもう一度味噌を塗る。
⑥割いたキノコを上に置き、アルミホイルを閉じる。
⑦WANABEをきれいにし、再び中火で温める。
⑧十分温まれば弱火に落とし、⑥を入れて蓋をし、10~15分程度火を入れる。

2016年10月4日火曜日

ストウブで作る和食のご紹介

今回のお仕事では、
3日間かけてストウブで作る和食をご紹介してきました。

レシピは個別にご紹介していこうと思います。

<1日目のメニュー>
・鶏肉ときのこのホイル包焼き(WANABE24㎝)
・出汁いらずのほっこり肉じゃが(ラウンド22㎝)
・万願寺唐辛子の焼き浸し(ダブルハンドルスキレット)
・白米(ごはんココットM)
・お味噌汁(ごはんココットS)






















<2日目のメニュー>
・きのこのホイル焼き(WANABE24㎝)
・鶏手羽の酢煮 蓮根添え(ラウンド22㎝/ダブルハンドルスキレット)
・こんにゃくとごぼうの炒り煮(ごはんココットM)
・白米(ごはんココットM)






















<3日目のメニュー>
・鶏肉のてりやき 焼きネギ添え(ラウンド22㎝)
・じゃがいものみそ焼き(ダブルハンドルスキレット)
・稲荷ずし(WANABE24㎝/ごはんココットM)
・アスパラの蒸し焼き(ラウンド22㎝)






















煮る、焼く、炊く、蒸す、揚げるなど、多くの調理が可能なストウブ。
フランスのお鍋ですが、こうやって3日間作ってみて、
改めて和食にも大活躍するお鍋なんだということを実感。
とても勉強になりました。