2018年9月25日火曜日

ラ・ピヨッシュ(水天宮/人形町)

自然派ワインと素材を活かしたおいしいお料理がいただける、
水天宮にあるピヨッシュさん。今回も外れなしのおいしさでした。

ヒグマのパテ 佐渡の黒イチジクとルッコラ


ヒグマというと、
「北海道、缶詰、独特の香りと癖のある」
というイメージだったのですが、このパテはまったく違った味わい。
食べやすくて噛めば噛むほど旨味が感じられます。

その旨味の強いパテに合わせるのは、佐渡の黒イチジク。
佐渡に農産物のイメージがあまりなかったのですが、
伺うといちじくだけでなくレモン、もも、柿などの果物はじめ、
お野菜、お米も育てられているそうです。

ぞれに味の濃いルッコラを一緒に食べると、
どれも個性があるのに一体感があってとてもよいバランス。


リー・ド・ヴォーのフリット


リードヴォーは仔牛の胸腺肉(のどのあたりの肉)。
肉といえど、食感はふわっとしていて固さはあまり強くありません。
私の大好きなお肉の一つですが、なかなかメニューで見かけないので、
今回はご一緒した方にお願いして注文に入れてもらいました。

さくっ、かりっとした食感とお肉の柔らかさを楽しめるメニューです。
やっぱりおいしかった。

鹿のカイエット かぼちゃのピュレ


カイエットはミンチ肉をハンバーグ状にして、
豚や牛の内臓を覆っている網脂で包んで焼き上げたもの。
脂の少ない赤身肉を使って、それを網脂で覆うことで身に脂を補い、
かつ肉汁を逃さずジューシーに焼き上げることができる調理法です。

フランスの南部で食べられる郷土料理でもあります。

シカ肉はさっぱりとしていて味が濃く、網脂のおかげでジューシー。
かぼちゃの少し甘めの味わいが、ジビエの味にぴったりです。

ヒグマもそうでしたが、強い味わいのお肉に甘さ。合いますね。

最近はお花などできれいに飾られたお皿や、
いろいろな要素が少量ずつ盛り付けられたお皿を出すお店が多いですが、
個人的にはこういった「どんっ」とはっきりした出し方が好きです。

素材や料理の味がはっきりわかるし、
その味を満喫して、よく食べたっ!って思って終わりたいので。

色や形にコントラストを出せば、
要素が限らてていても華やかな盛り付けになりますしね。

ラピヨッシュ (La Pioche)
東京都中央区日本橋蛎殻町1-18-1

0 件のコメント:

コメントを投稿