2014年11月10日月曜日

骨付鶏もも肉のクリーム煮&なすのタルティーヌキャビア風

【ご注意ください】
こちらは過去実施したことのあるレッスンのご紹介になります。
開催ご希望の場合はtoiawase.lasaveur@gmail.comまでご連絡ください。

今回ご紹介するお料理は「煮込み料理」の基本になる、
鶏のクリーム煮(Fricasse de poulet/フリカッセ・ド・プーレ)です。


















メイン食材には、骨付き鶏もも肉を使用し、
これからの季節に合わせて、クリーム煮に仕上げていきます。

鶏肉も骨付きを使うことで、煮込んでいる間に出汁がでて、
肉の身縮みがすくなく、しっとり柔らかく仕上がり、
そこに旨みを凝縮させた野菜の味が加わりますので、
とても滋味深い、体にしみる仕上がりになります。

煮込み料理ってちょっと難しい、と思われる方もご心配なく。
難しい技術は一切必要ありません。
大切なのは、1つ1つの素材をどう調理するか、
そこを押さえれば後は煮込んでいくだけです。

また、お料理に慣れている方も、
普段何気なくしている作業にどんな意味があることが分かれば、
よりおいしくお料理を作れるようになるはずです。

付け合せは定番のバターライス(riz pilaf/リ・ピラフ)。
こちらは白米のように吸水の時間は取らず、生米のまま炊いていくので、
初心者の方にも簡単に作っていただけます。
ぱらっとしたお米1粒1粒に、クリームソースが絡まったお味は、
お米好きの日本人にぴったりのお味です^^

併せてご紹介するお料理は、南フランスのの定番前菜、
なすのキャビア風(caviar d'aubergine/キャビア・ドベルジーヌ)

タイムとニンニクで風味付けし、柔らかくなるまで火を入れたなすと、
じっくり炒めた玉ねぎを合わせてペースト状にしたもの。
薄切りバゲットに塗り、チーズを振りかけトーストした、
オープンサンドイッチ(tartine/タルティーヌ)にして仕上げます。

















デザートにはシャーベット(Granite/グラニテ)をご用意。
お口直しでさっぱりとしていただきます。