2014年11月23日日曜日

Staubで冬のほっこりお献立♪鶏団子と白菜のスープ&ほたてごはん&無水肉じゃが





















ブレイザーは、これからの季節に食べたい鍋ものにもぴったり。
火から外しても1時間半程度は確実にお鍋が温かいので、
卓上に持って行くときもカセットコンロなど必要なし。

お子様がいても、安心してテーブルでお召し上がりいただけます。

こちらは、鶏団子と白菜、春雨、シイタケを使ったスープ(お鍋?)。
鶏団子から取った煮汁は、お鍋の1/3程度で十分。
蓋をして煮ていくと、白菜から出てくる水分で2/3程度にまでカサが増えます。





















うまみを吸った食材は、体にすっと溶け込むやさしい味です。
お好みでポン酢などつけてもよいと思います。

こちらは14㎝で作ったホタテごはん。
1合のお米もしっかり炊くことができます。





















そして18㎝でつくった無水肉じゃが。





















下から、玉ねぎ→シラタキ→ニンジン・じゃがいも→牛肉
と重ね、牛肉に調味料を染み込ませ火にかけます。
しばらくすると、玉ねぎやほかの食材から出てきた水分で、
半分くらいカサが増え、その水分のおかげで全体に味がいきわたります。
途中、鍋をゆすって全体を混ぜ合わせ、味の入りのムラを防ぎます。

ポイントは調味料をちょっと濃い目に。
野菜から出てくる水分の影響で、
いつもの味付けだとだいぶ味が薄くなってしまいますので。

0 件のコメント:

コメントを投稿