2015年2月24日火曜日

Staubで大根の含め煮

































Staubの保温性を活かしたお料理の続き、大根の含め煮。

大根を煮るときには下ゆでが必要なので、
やや時間がかかるイメージがありますが、
Staubで作業すると、その時間を大分短縮できます。

仕上げに煮汁を含ませるときも、
10分ほど弱火で煮た後、火から外してしばらく保温しておくと、
しっかり味が入ったしみしみ大根に。

味噌でいただくのもおいしいですが、
鶏ひき肉を醤油、みりん、酒すべて同量で味付けしたそぼろに、
好みの量の煮汁と水溶き片栗粉と合わせたものをかけて、
生姜のすりおろしを載せてさっぱりいただくのがおすすめ。