2015年2月6日金曜日

Gratin dauphine

フランスにはじゃがもを使った様々な料理がありますが、
一番好きなのはこの「Gratin dauphine(グラタンドフィノワ)」

輪切りにしたじゃがいもを、
牛乳、生クリームと一緒にオーブンで焼いたもの。

香りづけにはニンニクやナツメグを使います。

グラタンといっても、ルーなどは不要で、
じゃがものデンプンでつくとろみを活かします。

じゃがいもの仕上がりは
中は煮込んだ状態でほっくり。
表面はオーブンの上火で香ばしく。

オーブン任せで手間がかからないので、
とってもおすすめな1品です。

表面にチーズを乗せるレシピもありますが、
チーズなしでもこれだけきれいな焼き色が付きます。

チーズを使う場合、
グリュイエール(フランス料理でグラタンを作るときの定番チーズ)が定番ですが、
ウォッシュタイプの香りの強いチーズや、
国を超えますがパルメザン、ゴルゴンゾーラなどを使って、
風味に個性を付けることも最近よくされています。

ちょっとアレンジになりますが、
ベーコン、玉ねぎのソテーなんかが入ってると旨みが増しますね。

今回はグラタン皿で作りましたが、ラムカンで作るのもかわいいかも。

























*こちらの料理はレッスン可能なお料理になります。
 ご希望の場合は、「お問い合わせ」からご連絡いただけると幸いです。