2016年10月4日火曜日

ストウブで作る和食のご紹介

今回のお仕事では、
3日間かけてストウブで作る和食をご紹介してきました。

レシピは個別にご紹介していこうと思います。

<1日目のメニュー>
・鶏肉ときのこのホイル包焼き(WANABE24㎝)
・出汁いらずのほっこり肉じゃが(ラウンド22㎝)
・万願寺唐辛子の焼き浸し(ダブルハンドルスキレット)
・白米(ごはんココットM)
・お味噌汁(ごはんココットS)






















<2日目のメニュー>
・きのこのホイル焼き(WANABE24㎝)
・鶏手羽の酢煮 蓮根添え(ラウンド22㎝/ダブルハンドルスキレット)
・こんにゃくとごぼうの炒り煮(ごはんココットM)
・白米(ごはんココットM)






















<3日目のメニュー>
・鶏肉のてりやき 焼きネギ添え(ラウンド22㎝)
・じゃがいものみそ焼き(ダブルハンドルスキレット)
・稲荷ずし(WANABE24㎝/ごはんココットM)
・アスパラの蒸し焼き(ラウンド22㎝)






















煮る、焼く、炊く、蒸す、揚げるなど、多くの調理が可能なストウブ。
フランスのお鍋ですが、こうやって3日間作ってみて、
改めて和食にも大活躍するお鍋なんだということを実感。
とても勉強になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿