2018年7月28日土曜日

サンセバスチャンへ小旅行④ サンセバスチャンの街並み

サンセバスチャンの街並み。
新旧、アーティスティックなものが混在していて、
とても面白いものでした。

駅からでてすぐは、パリみたいな整然と調えられた建物。


途中あった大聖堂はバイヨンヌの大聖堂とちょっと似ていました。


広場に銅像、こういった景色もいかにもといった感じ。


と思っていたら、この広場の右手にいきなりこんなモダンな建物が。

こちらはKursaal(クールサール国際会議場)。
コンベンションセンターで、コンサート、展示会などが行われているそう。
スペイン人建築家ホセ・ラファエル・モネオの作品。

なんだかちょっと都内でもありそうな景色。
ヤシの木も出てきて海の雰囲気がでてきました。


そしてバルエリア。
こちらはバイヨンヌのような歴史を感じる街並み。
狭い通りを建物がきゅっと挟む感じが、
素敵なお店に出会えそうなわくわく感を掻き立ててくれます。

 

 

そして海沿い。
 南フランスを思わせるきれいな遊歩道です。


食事でも、目でも楽しませてくれるサンセバスチャン。
行ってみてますます好きになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿