2018年10月24日水曜日

ストウブでポトフ

 

寒さが増してきましたので、野菜たっぷりのポトフを。
今回はラウンド20㎝を使いました。

<材料>
豚肩ロース肉 300g
塩 適量
こしょう 適量

キャベツ  1/6個
じゃがいも 2個 ※皮をむく
にんじん 小1本 ※皮をむき半分に切っておく
セロリ 1本 ※筋を取り2等分にしておく
玉ねぎ 1/2個 ※半分にきっておく
ローリエ

塩、こしょう

<下準備>
・豚肩ロースに竹串などで穴をあけ、筋を切っておく。塩、こしょうをして冷蔵庫で1晩マリネしておく。

<作り方>
①鍋に豚肉とひたひたの水を入れて中火にかける。
②沸騰したら灰汁を取り、ふたをして弱火にし肉が柔らかくなるまで火を入れる。
③肉を取り出し煮汁を塩、こしょうで味を調え、野菜を入れふたをして弱火で火を入れる。
☆煮汁に野菜が浸ってなくても、野菜に火が通るとかさが減り、野菜の水分で煮汁が増え対流するので大丈夫。
④肉を戻して温めなおし、好みの大きさに切り分けて盛り付ける。

水だけでもお肉とお野菜から旨味と甘味がでてしっかりした味のスープに。
シンプルにマスタード、おいしいお塩などをつけて召し上がってください。

2018年10月17日水曜日

11月のレッスンを表参道のクロスキッチン様でも実施いたします

11月に予定しておりますレッスンですが、
11月17日(土)18:00~21:00
表参道のクロスキッチン様で実施させていただくことになりました。


今回は週末かつ夜の時間帯なので、
平日いらっしゃるのが難しい方におすすめの日程になっております。

場所も表参道ですので、
お出かけされた後レッスンを受けていただいて夜ご飯。
という過ごし方はいかがでしょうか^^

ご予約お待ちしております^^

ご予約、詳細はこちらから
https://www.crosskitchen.jp/aono-11/

<単発レッスン>Staubでこねないパン&ローストビーフ

今回のレッスンは、伊勢丹キッチンスタジオでご好評いただいた、
Staubでこねないパンのレッスンになります。


ご予約がすぐ埋まってしまいご参加難しかった方も、この機会にぜひ!

休日に食べるちょっと贅沢な朝食。をテーマにした今回は、
ローストビーフ
かぶのポタージュ
の2品を併せてご紹介いたします。

ご予約お待ちしております^^
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日程 ※定員4名
11/20(火)満席
11/30(金)満席
12/4(火)満席
12/5(水)満席

■時間
11:00~14:00
※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。

■授業料
5000円(税込)

■メニュー
*仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

Staubでつくるこねないパン
ほんとに捏ねません!混ぜるだけ!
イーストの量も最小限に抑え、低温でじっくり発酵させることで、
小麦の香り、甘味、もちもち感が最大限に引き出されます。
表面のザクザクとした香ばしさも相まって、焼きたては格別のおいしさ。
パン作りが苦手な方に、ハード系パンがお好きな方におすすめです。



かぶのポタージュ
冬に旬を迎え、皮がやわらかくなり甘味が増すかぶ。
しっかり炒めてから蒸らし炒めすることで独特の香りが抜け、
かぶの濃い味わいと、やさしい香りに仕上がります。



ローストビーフ
Staubの余熱を活かして、お肉をちょうどよい火通りに仕上げていきます。
塩加減、焼き加減にもポイントありです。
今回はローストビーフをさらに楽しむ2品をご紹介します。

一つ目は、
ローストビーフをこねないパンでサンドイッチ仕立てに。
※こちらの写真は撮影用なのでオープンになっていますが、レッスンでは食べやすく包んでご提供いたします。



もう一つ、おつまみやメインに使えるソースと付け合わせを一緒に。


ワイン
食後のお飲み物

<11月のレッスンのご案内>

11月のレッスンは、
これからの季節にぴったりのビストロ定番メニュー。
私の大好きなメニューで今からご紹介するのが楽しみです。



ご予約お待ちしております^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日程 ※各日4名
11/6(火)
11/13()満席
11/28(

■時間
12:00~15:00
※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。

■授業料
6,000円(税込)

■メニュー
*仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

前菜 オニオングラタンスープ ビストロ料理の定番メニュー。
Tete de Lion(テット・ド・リオン)と呼ばれる、左右にライオンの顔がついた器に、
たっぷりのチーズをのせてオーブンで焼き上げます。
チーズとバゲットの下にはアツアツのスープ。
体が芯から温まる、冬にぴったりのスープです。



メイン 豚肉のソテー シャルキュティエールソース ジャガイモピュレ添え
厚切りの豚肉を香ばしくしっとりと焼き上げ、
焼いた際にでる旨味をベースにした少し酸味のあるソースでいただきます。
ジャガイモのピュレはなめらかで口当たりよく仕上げます。




デザート チョコレートテリーヌ(チョコレート)
初心者の方でも作りやすい、おもてなしにぴったりのデザートです。
小さく切り分けて食後酒や赤ワインと、アイスクリームと合わせてデザートとして、
切り分けるサイズを変えてシーンに合わせて楽しむこともできます。



パン
ワイン
食後のお飲み物

2018年10月16日火曜日

根パセリ


先日築地の場外で紹介いただいた根パセリ。
乾燥させる前の高麗人参のような見た目で色白。
切り分けると爽やかなパセリの香り。

ポタージュに入れると絶品。ということだったので、
相性が良さそうなじゃがいもで、
ストウブを使ってポタージュパルマンティエにしました。
※ポタージュパルマンティエはじゃがいもの温かいポタージュのことです。

たしかに、
じゃがいもと香味野菜だけでは出せない清涼感が加わって、
なるほど一味違いました。

<根パせリ(Root Parsley)>
・特徴
葉も根も食せる万能野菜。
パセリの爽やかな香りが特徴で、食感はニンジンに似ている。
・用途
根はおろしてサラダに入れたり、煮込み・蒸し焼き・揚げ物・スープ・
炒め物等に幅広く利用。葉は通常のパセリとして利用。

2018年10月15日月曜日

五反田信濃屋さんのおだし

ご近所の鶏専門店信濃屋さん。
新鮮なお肉が購入できるのでいつも利用させていただいているのですが、
お店のすぐそばに手作りの出汁とスープが購入できるお店ができた、
というお話しを伺ったので行ってみました。



時間が早くてスープはまだだったので、この日は出汁を購入。
選べるスープは4種類。

鶏だし(部位ごとに取った出汁)
信濃屋だし(ガラ、野菜などから取った万能出汁)
親鶏だし(卵を産み終わった鶏の出汁、香ばしさがあるそうです)
白湯スープ(鶏を食べてるみたいな濃厚だし)

初めてということで今回は信濃屋出汁をチョイス。

明後日の仕事で鶏団子鍋を作るので早速使ってみたいと思っています。
団子の挽き肉はもちろん信濃屋さんお肉。

考えただけでおいしく仕上がりそう♪

ちなみに、出汁は毎朝取っていて、
お昼過ぎに行くと朝どれの出汁を自分の好みの脂加減で購入できるそうです。

料理教室 La saveur
http://lasaveur1213.blogspot.jp/?m=1

#Lasaveur #ラサヴール #料理教室 #五反田 #レッスン #クッキングラム #cookingram #foodstagram #instagramjapan #instafood #Staub #出汁 #信濃屋 #鶏だし #鶏団子鍋


2018年10月13日土曜日

ストウブ ブレイザーソテーパンでミートソース

ストウブでたっぷり作ったミートソースで、
なすのミートソースパスタ。



なすは素揚げにしてソースで軽く煮込んで味を含ませます。
パスタはミートソースに合うようにペンネ。
食べごたえのあるソースには、
噛み応えがあってソースが絡みやすいパスタを合わせます。

仕上げにパルメザンチーズでソースにとろみをつけて、
パスタにより乗るようにします。

ミートソースに使うひき肉は、今回ご近所の岸商店さんで購入。
炒める間にものすごく脂が出てくる挽き肉もあるのですが、
岸商店さんの挽き肉はほぼ赤身。
焼き色を付けつつ炒めていくととても香ばしいお肉のいい香り!

玉ねぎ、にんじん、セロリ、ニンニクを炒めたものと合わせ、
鶏肝、赤ワイン、トマト缶、鶏のだし汁を入れてオーブンで煮込むこと40分。
お肉の旨味と香りがしっかり出たいいソースになりました。

ストウブヒストリー

アルザス コルマール出身の絵本作家・画家、
アンジの絵が書かれたココット!!



白の色味も今の白とは違ってやわらかい色味で、
アンジのあったかい絵とぴったり。かわいすぎます。

ピコ・ココット誕生40周年記念として、
歴代ストウブとともに伊勢丹新宿本店で展示中です。

2018年10月12日金曜日

11月のレッスンのデザート


チョコレートテリーヌ。

初心者の方でも作りやすい、おもてなしにぴったりのデザートです。
小さく切り分けて食後酒や赤ワインと、アイスクリームと合わせてデザートとして、
切り分けるサイズを変えてシーンに合わせて楽しむことができます。

濃厚でなめらかな口当たりに癒されます。

2018年10月11日木曜日

<10月のレッスンのご案内>

10月のレッスンは基本を学ぶ3メニュー。

みなさんなじみのあるものかと思いますが、
シンプルだからこそ、ポイントをおさえて作ることがおいしさにつながります。

初心者の方にもおすすめのラインナップです。
お申込みお待ちしております!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■日程 ※各日4名
10/2(火)→終了
10/16()→満席
10/30(

■時間
12:00~15:00
※終了時間は授業の進行具合によって多少前後することがあります。

■授業料
6,000円(税込)

■メニュー
*仕入れの状況などにより、材料が変更になる可能性があります。予めご了承ください。

前菜 ヴィシソワーズ(ポタージュ)
じゃがいもで作る冷製スープ。
滑らかな口当たりと、じゃがいもの甘味。香味野菜の風味がほんのりと香ります。
シンプルだからこそ、一つ一つの作業が大切になってくる。
このメニューでポタージュの基本をマスターしましょう!



メイン 鮮魚の香草パン粉焼き(香草パン粉)
魚介、肉、野菜どんな食材にも合い、
食欲をそそる香りと食感をプラスしてくれる香草パン粉。
冷蔵庫の定番調味料にぜひ加えてください。
オーブンを使って手早くできるスピードメニューです。



デザート キャラメルプリン(湯煎焼き)
温度を調節して焼き上げることで、絶妙な滑らかさに仕上がります。
理由がわかれば失敗なし。一口食べると幸せな気分になれるおいしさです。

パン
食後のお飲み物
ワイン

ストウブでこねないライ麦パン

伊勢丹でのStaubデモンストレーション。

ロティ・オランのシェフ堀田誠さんの著書「ストウブで、パン」から、
ココットラウンド18㎝ リネンで、こねないライ麦パン。



こねて作るパンが苦手だった私には画期的な手法で、
最低限の作業でこれだけおいしいパンが焼けることに感動しました!
ハード系のパンが好きな方にお勧めの1冊です。

2018年10月10日水曜日

ストウブで鶏手羽とろっと煮

伊勢丹でのStaubデモンストレーション。
ブレイザーソテーパンで、鶏手羽のとろっと煮。



ブレイザーソテーパンは、焼き付けにも向いている浅型口広のお鍋なので、
このメニューのように、焼いてから煮込んでいく料理にぴったり!

さっぱりしていてお酒のあてにもぴったりです。

材料
手羽中  12本 切り込みを入れる
サラダ油 適量

A
酒 1/2カップ(100ml)
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
穀物酢 大さじ2

※お好みでレンコン、長ネギを一緒に煮たり、盛り付けに青菜を添えるとよい。

作り方
1.ブレイザーソテーパンを中火で熱し、手羽中の皮目にきれいな焼き色を付ける。
2.一度鶏肉を取り出し、出てきた油を切りAを加えて煮立てる。

ポイント
ここで鍋についた鶏肉の旨味を煮溶かし、煮汁に深みを与えます。

3.鶏肉を戻し、蓋をして中火~弱火で20分ほど煮る。

ポイント
鶏手羽の両端の骨が出てきたら火が入った目安。

2018年10月9日火曜日

ストウブで鶏すき

Staubブレイザーソテーパンで鶏すき。



ブレイザーは、ソテーパンと名前がついている通り、
焼き、炒めなどにも向いているお鍋です。

今回の鶏すきも、最初に皮目を焼き付けておけば、
余分な脂が抜けて煮汁がすっきり仕上がります。

口が広いので、大勢で取り分けていただくお料理もぴったりです。
そろそろお鍋が恋しい季節になりますね。

材料
鶏もも肉 1枚(300g)
白菜 1/6個
春菊 1/2束
長ネギ 1本
しいたけ 4個
焼き豆腐 1/2丁

A(すべて合わせ一晩おいておく)
みりん 100ml
砂糖 大さじ2
しょうゆ 100ml
酒 100ml
水 100ml
昆布 5g


作り方
1.ブレイザーソテーパンを中火で熱し、サラダ油を少し入れる。
鶏肉を皮目から焼き、香ばしく焼けたら取り出し、粗熱が取れたら適当な大きさに切る。ブレイザーの余分な油はペーパータオルで取っておく。

ポイント
鶏肉を焼いたときに鍋底についた旨味は、煮溶かしてお鍋の中にしっかり入れていきます。

2.豆腐は4等分、ねぎは斜め薄切りにし、春菊は5cm長さに切り、白菜はざく切りにする。シイタケは石づきを落とす。

3.ブレイザーソテーパンに材料を並べ、Aを入れる。

ポイント
土台に白菜を敷くと他の食材が並べやすくなる。

4.中火にかけ沸騰したらふたをして弱火にし10分ほど煮る。

2018年10月8日月曜日

ストウブ ごはんココットSで白米

ごはんココットSサイズで、1合炊き。



見た目の小ささから想像できない、
とてもおいしいご飯が炊きあがります。
コツをつかめば炊き方も簡単ですよ。

新米の季節、
ぜひごはんココットでおいしいごはん召し上がってください^^

材料
米 1合(180ml)
水 180ml
※同量の米と水をご用意ください。

作り方
1.米は洗い30分浸水。ざるに上げ水気を切り、計量しておいた水と一緒にココットに入れる。
2.中火にかけ沸騰したらひと混ぜし、蓋をして8~10分加熱する。

ポイント
ごはんココットSの場合、沸騰してから少し置いておき、泡が大きくなってくるまで待ってから弱火にし蓋をすると吹きこぼれしにくくなります。

3.火を切って10分程蒸らす。
4.蒸らし終わったらごはんをまぜ、余分な水蒸気を飛ばす。

ポイント
蒸らし終わってそのまま置いておくと、余分な水分がお鍋の中にたまってしまいお米が水っぽくなってしまいます。

2018年10月3日水曜日

Staubでこねないパンのレッスン準備中です


5月の伊勢丹キッチンスタジオのレッスンでご好評いただいた、
Staubで作るこねないパンのレッスンを準備しています。

イメージは休日に丁寧に作る朝食。
今日は試作と撮影です。

こねないパンと合わせてご紹介する予定のメニューは、
ローストビーフ(サンドイッチ、洋風・和風の1皿の3種類のご提案)、
かぶのポタージュ
です。

難しそうなパンもローストビーフも、
Staubの機能を活かすと失敗なく作ることができます。

11月中の開催予定、近日中に日程ご案内いたします!