2016年6月26日日曜日

ストウブ スチーム&グリルで、とろーり焼きナス


家の近くに、京都の「八百一」という八百屋さんができて、
新鮮なお野菜がお手頃な値段で手に入るようになりました。

先日から、丸なすが出回るようになり、
さっそく買ってグリルしてみました。

3㎝程度の厚さに切ったなすは、
断面に切り込みを入れ、サラダ油を全体にまぶしておきます。

温めたグリルになすを置いたら、蓋をしてそのまま8分ほど。
蓋にびっしり水滴がついてきたら蓋を外して中身をチェック。
なすの表面や皮が汗をかいているような状態になったら、
面を返し蓋をして5分ほど焼きます。

箸で挟んでやわらかく、じゅわっと水分が出てきたら出来上がり。

写真のように、綺麗に焼き色もつきますし、
まぶした油も焼いている間に落ちるので、
フライパンで焼くよりもさっぱりした仕上がりになります♪


2016年6月16日木曜日

ストウブで、アジアなメニューのご紹介


今日のストウブのお仕事は、アジアなメニューで。

・パッタイ(ブレイザーソテーパン)
・ふわふわ卵(ダブルハンドルスキレット)
・台湾風煮豚(ココットラウンド20㎝)
・白米(ごはんココットM)
・じゃがいものロースト(ブレイザーソテーパン)

焼く、炒めるが得意なストウブの本領発揮です。
夏場は煮込みから離れて、こんなメニューもストウブでいかがでしょう。


2016年6月14日火曜日

大阪にて、ストウブデモンストレーション



ストウブのデモのお仕事で、大阪に初訪問。

出張中は下準備があまりできないので、
比較的シンプルなメニューでまとめました。

・丸ごとトマトごはん(ごはんココットM)
・とうもろこしごはん(ごはんココットS)
・ツナとトマトのワンポットパスタ(ごはんココットM)
・鶏とみょうがのお酢煮(ブレイザー)
・季節野菜のソテー(ブレイザー)
・季節野菜のグリル(スチーム&グリル)
・鶏肉とスティックセニョールのスチームグリル(スチーム&グリル)
・ローストポテト(ブレイザー)



2016年6月13日月曜日

京都にて、初夏の味覚と日本酒をいただく




大阪での仕事の後、京都に移動して友人と夜ご飯。

新しくオープンした、丸太町駅そばの「実伶」さんに言ってきました。
https://www.facebook.com/kyotomirei/?fref=ts

真新しい店内は、温かみがあってほっとする雰囲気で、
厨房も客席もゆったりしているのですごく落ち着きます。

おかげで、京都に到着するまでずーっとあった緊張が、
一気にほぐれてリラックス。同時に食欲スイッチONです!

京都周辺のお魚、お野菜をふんだんに使ったメニューは、
丁寧に作られていて、かつ手を加えすぎていないものばかり。
そこにご主人のひと手間とアイデアがプラスされていて、
お店のらしさがきちんと出ています。

この日いただいたのはこちら。

・なすとアナゴのゴマ豆腐和え
・お造り4店盛
-つぶ貝
-キスの昆布締め
-鯛
-はもの湯引き
・美伶風ポテトサラダ
・賀茂ナス田楽
・夏野菜のお浸し
・活き若鮎の焼き物

この日は日本酒をメインに合わせてみたのですが、
お料理との相性がとても良くて、つい色々な種類をいただいてしまいました。
お酒をもらうならご主人にお任せするのが絶対おススメです。

3日間の疲れが一気にとれる、幸せな夜。

カウンターと個室1室のお店なので、
行かれる際はご予約がよいと思います。

2016年6月11日土曜日

大阪で、タコ焼き食べ比べ



先週金曜日から日曜日まで、大阪でストウブのお仕事でした。
人生初大阪だったこともあって、滞在中は王道大阪グルメを堪能しました。

この日は、道頓堀にある3軒のたこ焼き屋さんで夜ご飯。

言ってもたこ焼きでしょう、、、、と思っていただいてみたら、
それぞれみんな違っていて、ちょっとびっくりでした。

特に違っていたのは、焼き方と出汁の味。

一番おいしいなと思ったのは、「たこ八」さんのもので、
焼きあがった表面はパリパリで極薄。
その下からとろーっとあつあつの生地が流れ出て、
出汁の味が口の中に広がって、とっても美味しかった!

ひとりで全部食べたら、お腹いっぱい。
ごちそうさまでした。






2016年6月3日金曜日

ストウブでWANABEとヴィンテージココットを使ってお仕事。
































今日のストウブのお仕事。
WANABEとヴィンテージココットを使ってのプレゼンテーション。

夏野菜のブルスケッタ(WANABE使用)
ズッキーニはシンプルなソテー、房付きトマトも軽くソテー、
ストウブでトーストしたバゲットに、クリームチーズを塗ったら飾り付けて、
黒コショウ、粗塩、パルメザンチーズで味を決めます。

マリネしたスペアリブのステーキ(WANABE使用)
ヨーグルトとジュースでマリネしたスペアリブを豪快にステーキに。
マリネの時点で十分柔らかくなっているスペアリブを、
両面ストウブで香ばしく焼き色をつけました。
付け合せのじゃがいもももちろんストウブで。

メープル風味のフレンチトースト(ヴィンテージココット使用)
5時間ほど卵液につけ、十分に膨らんだバゲットを、
ストウブでふんわりとろとろに焼き上げました。